パスワードを忘れた? アカウント作成
10728693 story
お金

日本ではなぜ「起業」が文化として根付かないのか 159

ストーリー by hylom
日本では起業家の社会的価値が低いしねぇ 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

Xerox傘下のパロアルト研究所(PARC)でビジネスデベロップメント日本担当ディレクタを務めているAki Ohashi氏が、日本と米国の起業文化の違いについてまとめている(PARC Blog:Startup Culture Divide: United States and JapanGigazine)。

日本ではなぜ起業が根付かないのか、ということについてご当人が最近(昨年末あたり?)、日本のベンチャーキャピタルが集まる場で聞いてみたそうで、たくさんの回答がもらえたそうなのですが、その結果「リスクを嫌い失敗することを極度に気にする気質」が日本の社会に精神として存在しているんだろう、という見解に達したようです。

Ohashi氏はドットコム・バブルの時期にCMUでMBAを取得した直後、クラスメイトだった友人と今で言うならPinterestのようなソーシャルメディア共有サイトを運営するTilefileの日本法人の設立を行った後、Facebook以前に国内でMixiなどの多数サービスを立ち上げたngi capitalに移ったそうですが、前述の見解を得るまでのかなりの苦労をされたようです。

ということで、以下、みんなで原文を読み解きながら、ぶっちゃけ日本だめじゃん議論とか、まてまてだからこうすればとか雑談してみようではありませんか(笑)

  • 国内で才能あるやつを探そうとするが、どいつもこいつもとっくに幻想に成り果てて、その会社にいられる間だけ約束されるに過ぎない終身雇用とやらの呪縛に縛られていて、起業するぜ!なんて気を起こすやつなどいないに等しい
  • 無意味で長過ぎるだけのセールス・サイクル、個々の企業の規模の大小というよりは、それらが利害関係により連合・重合して、言葉では強い信頼関係が形成されているとか表現するが、その実はそれが原因で巨大に膨れ上がってしまって身動きできずに縛られてしまっているニホンのカイシャ
  • 国内のM&A案件を扱うマーケットの貧弱さが故に日本で起業してもあまりにもぱっとしない、日本で起業することにインパクトがない
  • 日本のベンチャーキャピタルは事業家でも起業家でもなく、ただの貸金業で、そこで働くサラリーマンの集まり
  • 既成のものを作り変えよう、もっと良いものしようという意味での破壊を果敢に考えよう、実行しようとしなさ過ぎる、つまりこういった部分に関する思考の欠如
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by yellow tadpole (7084) on 2014年03月04日 0時52分 (#2555440) 日記

    基本的なノウハウ取得のため、似た業種の会社でアルバイトを始めてみる。
    半年ほど修行して自信が出来たので起業しようとするケース。

    自己資金が300万円ほどあり、あと300万円ほど借りたい。
    金融機関に行くと「勤続年数が足りない」でアウト。
    どの銀行も保証機関の審査があって無理。
    親がサラリーマンでなければ保証人にもなれない。

    たまたま持ち家が担保なしの綺麗な土地。
    「300万円では金額が小さすぎて不動産担保融資は無理」

    某公庫に行ってみる。
    話はくわしく聞いてくれるけど、やはり安定収入がないからアウト。
    安定してはいてもアルバイトだと前年度の納税額が少なすぎてダメ。

    商工会議所に行ってみる。いろんな起業サポートがある。
    経営相談やセミナーなど盛りだくさん。
    しかしいざ融資となると金利は格安だが信用保証協会の高額な保証代が必要。

    結局誰も金を貸してはくれない。
    起業するならサラリーマンしながら勤務時間中に融資先を求めて回り、
    無経験で起業するしか道はない。

    事業の将来性? そんなものは誰ひとり洟もひっかけれくれませんから。

    --
    〜◍
    • 他にもリスクや資金調達の難しさを理由に挙げられてる方が居ますが、起業が盛んとされる米国を見れば、その辺の問題は個人投資家が埋めてるのが分かります。
      海外ソースのニュースサイトを見てると、エンジェル投資やYコンビネータ、キックスターターなどの投資ネタが良く出てきますが、日本にはそれに相当するものが無いに等しい。
      起業を促進するより、まずは土壌たる投資を促進すべきなんじゃないですかね。

      #ここで政府に促進せよとかい言い出してはいけない。

      親コメント
    • ホリエモンは捕まる以前に「金も借りれないようなやつが起業してもうまくいかない」と言っていたのを思い出した。
      確かに逆に自分が金を貸す側だったら、成功しそうにない人に金を貸すなんて考えられないもんね。

      まずは大きな信用か将来性を得るところから始めないといけないんだろう。
      相当なバイタリティがないとやっぱり大変なんだろうね。

      親コメント
  • by Anonymous Coward on 2014年03月03日 19時01分 (#2555144)

    大量にできては潰れていくカフェや雑貨屋やラーメン屋を見てごらんなさいな

    • by Anonymous Coward on 2014年03月03日 19時33分 (#2555184)

      雇用コストが高いから、社長以外は全員非正規労働者というシステムが成立できる業界でしか
      起業できなくなっていると思う

      でも世界標準のそういうスタイルで起業すると、色々と文句が多い
      「日本では経常利益ではなく、社員数で会社の規模を計る」というアネクドートが…

      親コメント
    • by Anonymous Coward on 2014年03月03日 19時06分 (#2555149)

      シリコンバレーで頑張った当人からはITベンチャーが少ないと思ったというだけのことでしょう。
      簡単に金を引っ張れなかった原因を人のせいにしてるだけじゃないか。

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        何でもやるのが日本の企業だろうに。

      • by Anonymous Coward

        日本人から出資を集めるなんて罰ゲームだと思う、

  • 自分が起業するかしないかってことじゃないの?
    なぜ文化として根付かなきゃならないの?
    お膳立てがないとダメってこと?

    --
    屍体メモ [windy.cx]
  • by Anonymous Coward on 2014年03月03日 19時47分 (#2555193)

    なのに、個人規模であれこれやって儲かりました、なんて吹聴するのは
    私は極悪人ですと言ってるに等しく受け取られる。

    これを治す薬はないと思う。

  • 知らんがな(´・ω・`) (スコア:2, おもしろおかしい)

    by miyuri (33181) on 2014年03月03日 19時09分 (#2555152) 日記

    以下、起業経験のある者のみが書きなさい。

    • by Anonymous Coward on 2014年03月03日 20時02分 (#2555205)

      一応ベンチャーって名乗ってた会社にいたけど、業績悪化で自分もリストラ。
      その後事実上の倒産。

      大半はそうなるわけだけど、日本にはそうなったあとの受け皿がないからね。
      リスクを取る人はハイリスク・ローリターンなんだよ。
      当時はローリスクの道がなくて、ハイリスクを取らざるをえなかったけど、
      もしローリスクな道が選べたら、やっぱりベンチャーにはいかなかったと思うな。

      日本にいる限りは。

      >「リスクを嫌い失敗することを極度に気にする気質」が日本の社会に精神として存在している
      精神じゃなくて制度として存在するね。
      法律も含めて。

      親コメント
    • by Anonymous Coward on 2014年03月03日 20時06分 (#2555209)

      親が起業するも失敗して横死

      拝み倒されて保証人になってた俺は
      実家と借金のセットの相続で何とか実家は死守

      結局資金調達のリスクが大きすぎ
      一度失敗したら再起不能になる

      親コメント
    • by Anonymous Coward on 2014年03月04日 1時28分 (#2555465)
      日本では「信用力」という謎の指標が強すぎて、何にもない人が起業するに当たっては、

      ・銀行に口座が作れない(いわゆる都市銀行だと信用力の無い人は口座を作ってくれなくて結構ですとか言われる。)
      ・オフィスが借りられない(3年分の決算資料とか要求される。作ったばかりだからオフィスが要るというのに)
      ・大企業がお付き合いをしてくれない(直接取引が出来ない)

      という、卵と鶏の様な状況に陥るのです。
      とても、ベンチャーをどうこうという感じの土地ではないのです。

      一方で、その程度のハードルも越えられないんだったら、ベンチャーなんてやっていけないと言われれば、そうかもしれません。

      そして、これらのハードルを越えるために必要な物、それは、コネですね。
      そんなことは、世界中どこに行っても同じなんでしょうけど。
      親コメント
      • 以前ヨーロッパ企業のIT部門で働いていてEU本社にしばらくいたのですが、あっちは結構仕事できる人って独立し、その企業と直接契約するのを見かけたのですね。日本じゃあまりないよなー(特にエンタープライズ系)と思った。やはり「信用力」の問題で個人なんかに発注できねー、H○、富士○、アク○ン、I○Mに発注だ、ってなるのでしょうかね。あと定年後に独立する人もそれなりにいるみたい。
        --
        ----- A mighty flame followeth a tiny spark.
        親コメント
  • 連帯保証人 (スコア:2, 参考になる)

    by Anonymous Coward on 2014年03月03日 19時10分 (#2555158)

    法人契約なのに社長個人の連帯保証人を求めるとか地獄すぎる。
    会社が倒産したら住む場所さえ無くしかねない。

    • by aruto250 (21874) on 2014年03月04日 1時13分 (#2555452) 日記

      日本の金融は保証人ありきでノンリコースローンを行えるだけの審査能力が育っていない、とは言われていますね。
      貸す側も審査で失敗して取りはぐれることを許さないから保証人が必須になり、結果起業する側も失敗が許されなくなる。
      コメント#2555259 [srad.jp]でも言われていますが、失敗したら一発アウトなのは厳し過ぎですよね。
      他のツリーのコメント#2555146 [srad.jp]でも言われていますが、完璧を求めるあまりどこもかしこもぎちぎちで活力がなくなっている気がします。

      海外は分かりませんが、日本ではコメント#2555305 [srad.jp]のように、一度失敗した奴は何度も失敗する、という考え方が主流ですよね。そういう考え方が成立するということは、日本人は失敗から学ばない(ことが前提となるくらい、失敗から学ぶ文化がない)ということなんでしょうか。
      まあ、日本の美学は「二矢を頼まず」とかの潔さを良しとするわけだから、起業も失敗したら切腹ということで、ハイリスク一発勝負は日本の洗練されたストイックな文化としてむしろ誇るべきなのかもしれませんが…。

      親コメント
    • by Anonymous Coward
      中小企業は皆そうですよ。
      そうしないと、金借りてバックれる人が続出しますからね。
      • by Anonymous Coward

        そこをなんとかする必要があるんじゃないの。
        そんなのアメリカじゃ解決されてるでしょ。

  • 日本は長い間農業中心のムラ社会で近代企業でもその体質が抜けない。「村八分」がもっともこわい。フロンティアスピリットで新規開拓してきた社会とは本質的にちがう。
  • by Anonymous Coward on 2014年03月03日 21時01分 (#2555263)

    ヨーロッパや他のアジア諸国でも「起業」が根付いているかというと
    そうでもなさそうなんで「なんでアメリカだけは起業文化が根付いているのか」と考えるほうが良いと思う。

  • by Anonymous Coward on 2014年03月03日 22時30分 (#2555339)

    統計で見ると、米国に起業家が多いとか起業しやすいとか日本に起業が少ないとか言うステレオタイプの言説は単なるイメージらしいですよ。
    「〈起業〉という幻想 ─ アメリカン・ドリームの現実」という書籍に詳しいですが、
    要は、アメリカでは、花形の業界において、一代で立身出世して大企業を育てた創業者が散見される、と言うだけの事です。
    起業に風当たりが強いのはアメリカも日本も同程度で、むしろ、最も起業家に優しいのは断然、途上国だそうです。

  • by Anonymous Coward on 2014年03月04日 13時55分 (#2555693)

    日本で大企業勤務経験があり、
    かつ日米両国で一社ずつ起業した経験があるアメリカ人です。

    両社とも小さいままで鳴かず飛ばずで成功はしていませんが、
    倒産していないので失敗というわけでもありません。
    私が感じた違いをいくつか書きます。

    (a) 米国ではVCが出資と共に経験豊富なアドバイザーを数人アサインしてくれる。
            アドバイザーは起業で成功し、働かなくても生きていける技術者やマーケターなど。
            起業して成功を収めてる人達であるだけに経験豊富で能力も高いため助言が適切。
            優秀な早期リタイア組が多いのは起業が多い地域に限られるのではないだろうか。
            日本でもアドバイザーはつくが、一級の技術者やマーケターが多い印象はない。

    (b) 米国では大企業が研究開発をしないとは言わないないが、ベンチャーを買収する
            ことで技術調達することが多い。ベンチャーにとっては上場以外にも魅力的な
            出口戦略の種類が多いことを意味する。日本の大企業は自社で研究開発をすることを
            好む。

    (c) 英語であることと世界最大の消費地であることから、米国の動向は世界各国から
            注目される。このため米国発の技術やサービスは世界各国の人の目に止まりやすく
            世界展開が容易。このような事情からVCにとって資金回収のメドが立ちやすく、
            それ以前にそもそもVCにお金が集まりやすい。

    (d) 日本でIT系の若者が東京などの都市圏に行きたがる傾向が強いのと同様、
            シリコンバレーには世界中から技術者が集まってくる。そのためベンチャーは
            VCから出資を取り付けさえすれば優秀な技術者を集めることができる。
            日本中から東京を目指す技術者達と、世界中からシリコンバレーを目指す技術者達で、
            母集団の大きさが違う。

    (e) 日本では技術者は二級市民みたいに低く見られがちだが、シリコンバレーでは
            技術者は相当な厚遇を受ける。この背景には、企業の一存で簡単に従業員を
            解雇できる法体系である反面、従業員も簡単に転職できるという社会環境が
            あるため、優秀な技術者をつなぎとめておく手段を講じる必要がある。甘やかす
            ほどの厚遇が未来永劫持続するわけはないが、全体として機能している間は
            続くだろう。

    日本で起業したいたとき、VCが「日本は大企業が優秀な人材を飼い殺しにしている」
    と嘆いていました。飼い殺しというのはVCからの主観的な表現でしょう。しかし、
    日米両国の社会を比較すれば、単に米国でベンチャーがやっているような研究開発を、
    日本では大企業などが行っているだけで、全体として見れば持続的に技術が進歩して
    いっているのはどちらも同じではないかと思います。

  • by Anonymous Coward on 2014年03月03日 19時02分 (#2555146)

    潔癖で完璧を追求する国民性のなせる技。
    人間なんだからミスもするはずなんだが、「あってはならない××がおきてしまった」って言わないと社会が許さないもの。
    理由が何であれ、事故は100%起こしてはならない、、なんて冷静に考えれば無理ゲーなことわかる。

    これが良いほうに働けば高品質高性能な製品を作り出す原動力にもなるんだけどね。

  • by Anonymous Coward on 2014年03月03日 21時03分 (#2555265)

    親戚一同の反対を押し切って企業、あえなく倒産。再起を図ろうと活動するも、親戚一同の反対により、自己破産を選択。現在は親戚一同、家族にも内緒で再起の機会をうかがっている状態。連帯保証の失敗談が耳にかじりついていて、起業=奈落の底へと思っている人が多い。連帯保証の法律は変わるらしいけど、理解されるのにずいぶん時間がかかると思われる。

  • by Anonymous Coward on 2014年03月04日 0時26分 (#2555428)

    これにつきるでしょ。

    自分は約10年前に前の会社を辞めて独立した。
    特殊な業種だから、リピートをくれるお客様にも恵まれて、何とか10年やってこられた。
    個人だと将来の不安はあるけど、それは今は既存企業も一緒だから、大差無いかな。
    だから、業種や自分の経験を見極めて、それを生かせるならば独立を推奨したいくらい。
    (現場を見ずに斜め上の指示を下すような上司にも従わなくて済むし……)

    ただ、保険やら年金やらの面では大企業や特に公務員と比べてはっきりとハンデを負っていると思う。
    業績で多少の浮き沈みがあるのは覚悟の上だとしても(逆にモチベーションにもなるし)、
    疾病その他の何らかの理由で今の仕事を続けられなくなったら、いきなり弱者に転落してしまう。
    特に今の日本は再就職が難しいから、全く職に就けない恐れもあるし。

    だから、政治にはセイフティーネットだけは是非とも充実をお願いしたい。
    転んでも路頭に迷わずに済むのであれば、若者がもっと果敢に挑戦して、社会を広げていけると思う。
    それができれば、挑戦に付随して雇用も生まれてくるし。

    # なので、自治体の公務員給与はその土地の景気と連動性にして欲しい。
    # そうしたら自治体も活性化に本気になるよね。

  • この人の頭のなかでは、上記の企業は誰が作ったことになってんの?
    どれも個人が起業して大きくなった会社だと思うんだけど。

  • ITサービス業や建設業の多層構造はどうやってできたと思ってんだ。
    # そういうのは正確には起業はほとんどしてなくて独立しただけだけどなw

  • by Anonymous Coward on 2014年03月03日 19時08分 (#2555151)

    少なくともIT関連はそう。家入とか。
    あんなのばかり見てたら起業家を胡散臭いと思うでしょ。

    • >少なくともIT関連はそう。家入とか。
      誰だよそれ。
      ざっとググったけど、IT関連じゃないと思う。
      なんでこんなわけの分からんのを引き合いに出した。

      それはIT関連に怪しい人がいるんじゃなくて、
      このAC氏の読んでる雑誌や何かが怪しいだけなんじゃないの?

      親コメント
    • by Anonymous Coward

      IT関連という、実態はただ人を集めて送り込むだけの会社だったりwww

  • by Anonymous Coward on 2014年03月03日 19時09分 (#2555153)

    今ある企業の殆どが、起業から発生している。
    目立たないのは社会の不良債権化したクズ企業を無駄に延命するから。
    延命されたクズ企業は新規起業されたばかりの企業に対しての障害になる為、成功率がさらに下がる。
    「大企業は潰れたらいけない」とか「最低賃金も払えない企業を守る為に賃金を下げる」なんて事を言い続ける限りは変わらん。

  • by Anonymous Coward on 2014年03月03日 19時10分 (#2555156)

    奴らは起業家だろ?

  • by Anonymous Coward on 2014年03月03日 19時10分 (#2555157)

    ある意味これが日本の階級システムなんだろうけど。ピラミッドの頂点が動かずに老化するだけで社会からダイナミズムが失われてしまう。

  • by Anonymous Coward on 2014年03月03日 19時29分 (#2555180)

    日本人で起業が文化だと思ってる人ってそんなにいるんだろうか?
    もちろん外国で文化として扱われてるかどうかは知らんのだけど。

    • by Anonymous Coward on 2014年03月03日 20時38分 (#2555241)

      社内ベンチャーでよいと思うんだけどね。
      大手は大抵やっているし。
      最近だとサイバーエージェントがニュースになった。
      日本にはあっていると思う

      親コメント
      • Re:ぶんか? (スコア:2, 興味深い)

        by Anonymous Coward on 2014年03月03日 21時36分 (#2555303)

        ぶっちゃけアメリカでいうVCの役目は総合商社が果たしてるもんなあ…
        優秀で、かつ人脈を持ってる人がやってる社内ベンチャーを外したら、そりゃ失敗事例だらけにもなるわ

        親コメント
typodupeerror

192.168.0.1は、私が使っている IPアドレスですので勝手に使わないでください --- ある通りすがり

読み込み中...